・このサイトでは、絵本作家・イラストレーター大森裕子(おおもりひろこ)の仕事を紹介しています。 初めてお越しの方は↓の「このサイトについて」をご一読くださいませ。

このサイトについて
作者のプロフィール
作者にメールする

トップ(全件表示)
  >不定期更新の日記
  >よこしまくん情報
  >その他お知らせ
 
[広告]



『チュンとカァのじゃんけんぽん!』
大好評発売中!
詳しくはコチラ!



『なにが
できるでしょーか?』
大好評発売中!
詳しくはコチラ!



白泉社特設HPもみてね!

・03/16 イラスト6件追加
・12/25 イラスト3件追加
・11/17 絵本『よこしまくん劇場』のAmazonへのリンクを追加
    気づけば・4(2016/09/18)
気づけばプラバンを作っていましたシリーズ、第4弾。

楽器のホルン。
吹奏楽部の中学生女子とそのお母さんに頼まれて作りました。
ブローチになってます。

その子が先輩へのプレゼントにしたいと言って2つ頼んでくれたり、それを見た方がまた欲しいと言ってくださり追加で作ったり・・・。ずいぶんたくさん作りました。

全部、手描き。原画と同じ、1点ものです。
    気づけば・3(2016/09/17)
気づけばプラバンを作っていましたシリーズ、第3弾。

ハムスターのパール君。
小学3年生の女の子 Uちゃんとそのお母さんから頼まれて作りました。

はじめはひとつ頼んでくれていたのですが、ハムスターの決めポーズってのがなかなか難しく・・・、お借りしていた写真からはひとつに絞ることができずに、ふたつ作りました。結局、ふたつとも気に入ってくれたみたいで、よかった!

Uちゃん、お母さん、ありがとうございました!!

ペットのプラバンを作る時に、リアルに描くか、線を絞ってある程度キャラ的に描くか・・・どちらがいいのかなぁ。今後の課題。私は真剣なのであります。
    気づけば・2(2016/09/15)
気づけばプラバンを作っていましたシリーズ、第2段。

うちで飼っている猫「トム」と「モコ」の顔ストラップ。

この気づけばシリーズ(?)は、気づけば相当続くような気がします。

だって、プラバン、相当作ってるのである。
ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。

そして、これが、後の仕事に大きく関係してくるとは・・・、今の時点で誰が予想したであろうか。
ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。

締め切りから逃げているわけではない、決して。
ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。
    こどもぐらし・・・vol.192(2016/09/08)
次男(8歳)がお風呂から出た時、ちょうど、体をふくタオルがなかった。
その時次男が、真顔で言った一言。

「あ、だいじょうぶ。オレ、まさつで、ふくから。」
    気づけば(2016/09/03)
気づけば9月。

気づけば空が高くなっていました。

気づけば締め切りも近くなっていました。

気づけばプラバンを作っていました。
    こどもぐらし・・・vol.192(2016/08/12)
子どもたちの夏休みも半分が過ぎたところ。
中学1年になった長男(12歳)は、何も言われなくても、自分で計画を立て、サササッと宿題を終わらせていくタイプ。今日の時点で、たくさんある宿題、もうほぼ終わっている。
小学3年の次男(8歳)は、やりたくないことは後回し、とりあえず遊んどけタイプ。今日の時点で、宿題はほとんど終わっていない。

長男「おれ、宿題あと2つでおしまいだぜ」
次男「は? なにおまえ、幸せもんだなぁ〜」
長男「おまえも、今からがんばれば、幸せものになれるかもしれないじゃん」
次男「は? なに言ってんの? もう “幸せキャンペーン” は終わったんだよ」

幸せキャンペーンは、終わったのか・・・。
    夏季休業のお知らせ(2016/08/11)
誠に勝手ながら、8月14日(日)〜18日(木)まで、夏季休業とさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
    ペリネイタルケア8月号(2016/08/03)
『ペリネイタルケア』8月号(メディカ出版)の表紙です。今月は、離乳食のようす。

毎月表紙を描かせていただいて、もう11年目です。
    おばけの・・・(2016/08/03)
幼稚園保育園等で配布される『ぴこちゃんえほん』7月号(ひかりのくに)で、おばけのしかけあそびの絵を描かせていただきました。

おばけの子を、こちょこちょくすぐったら・・・
わははは!くすぐったーい!の図。

真ん中に長さの短いページがあって、そこをパタパタめくれるようになってます。


    今年も(2016/07/26)
セミの羽化を見ました。
お友達とお友達のこども、息子たちと一緒に。

難産(?)のセミがいたり、安産(?)のセミがいたり、2匹並んで羽化してるセミがいたり・・・何度見てもその度にドラマがあって面白いです。
今年は、ニイニイゼミの羽化も見ることが出来ました。ちっちゃくてとても可愛かったです。

今年は、長男が中学生になって、もうあまり虫をとってきたり、育てたりする機会がなくなっていました(次男は虫に興味が無い)。しかし、なんだかとても懐かしく常に虫かごがあった生活に、妙に心惹かれる母なのでした。なぜだろう。めんどくさいと思ったりもしたのに。

あ、でも昨日の夜に我が家に出没したGさんは、すべて男3人で処理してもらって、私はいっさい関わりを持ちませんでしたけれど・・・。
[件数:854]<<>>